Photoshop CC 2019で「レイヤーからファイル…」スクリプトの自動でつく連番をなくす方法

注意>実施されるときはあくまでも事故責任で、元のファイルのバックアップを必ずとってください!

PhotoshopでWebサイト向けの画像などを書き出す際に「レイヤーからファイル…」スクリプトでレイヤー毎にファイルへ一括書き出しすることがよくあります。便利なのですが、標準のスクリプトだと書き出し時に0001などの4ケタの連番がついてきます。レイヤー名が重複しないための措置ですが、これを後から削除するのが地味に面倒だったりするので、「レイヤーからファイル…」スクリプトを変更して使い勝手をよくします。

変更ポイント

  • レイヤ書き出し時の名前「プレフィクス(ダイアログで設定できる任意のテキスト)_0000(4ケタの連番)_レイヤー名」の“_0000(4ケタの連番)”部分をなくして「プレフィクス(ダイアログで設定できる任意のテキスト)_レイヤー名」にする。
  • レイヤがグループ化されていると、「プレフィクス(ダイアログで設定できる任意のテキスト)_0000(4ケタの連番)s_0000(4ケタの連番)_レイヤー名」となるのを「プレフィクス(ダイアログで設定できる任意のテキスト)_レイヤーグループ名_レイヤー名」にする

修正したPhotoshopのバージョンはCC 2019、編集するファイルは
/Application/Adobe Photoshop CC 2015/Presets/Scripts/Export Layers To Files.jsx
です、上記ファイルを任意の場所にコピーしてバックアップを作成後、テキストエディタで開く。

修正箇所は2ヶ所、
●2193行
●2229行
エディタの検索で「fileNameBody +=」を検索すると早いです。

2193行

fileNameBody += "_" + zeroSuppress(i, 4);

をコメントアウト。行頭にスラッシュ2発“//”いれます。

//fileNameBody += "_" + zeroSuppress(i, 4);

これでレイヤー名の前の4ケタの連番が挿入されなくなります。

2229行

fileNameBody += "_" + zeroSuppress(i, 4) + "s";

をコメントアウト。行頭にスラッシュ2発“//”いれます。
これでグループレイヤー名の前の4ケタの連番が挿入されなくなります。

//fileNameBody += "_" + zeroSuppress(i, 4) + "s";

その下に“fileNameBody += “_” + orgObj.layerSets[i].name;”と追加します。

//fileNameBody += "_" + zeroSuppress(i, 4) + "s";
fileNameBody += "_" + orgObj.layerSets[i].name;

追加したスクリプトで、レイヤー名の前にグループレイヤー名を挿入します。

スクリプトを保存します。

スクリプトを元の場所に上書設置して、Photoshopを再起動してテストします。
想定通りに動作しているかお試しください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。