WordPress┃子テーマ作成

WordPressでテーマファイルからカスタマイズする際に、オリジナルファイルを変更してカスタマイズすることもできますが、

  • テーマファイルのアップデート時に変更が失われてしまう。
  • 大抵元ファイルが行数多いので、変更箇所の管理が大変。というか何処をいじったのか忘れていまう。

ので、内蔵のデフォルトテーマや市販のテーマなどをカスタマイズするときにはそのテーマを「親テーマ」として「子テーマ」を追加して、そこにカスタマイズ部分のみを追加していくと、アップデートの影響もなく、変更に関しては子テーマに集約されるので、メンテナンス性もよいです。

子テーマフォルダとファイルの追加

子テーマの作成は以下の手順で、まずWordpressのインストールされた場所のテーマファイルのフォルダ内(wp-content/themes)に親テーマのフォルダがあることを確認して、子テーマのフォルダを新規作成します。フォルダ名は何でも良いですが、親テーマ名+childなどが分かりやすいです。

テーマフォルダ以下に子テーマ用のフォルダとファイルを準備

子テーマ用の新規フォルダを作成したらその中にカスタマイズ用のスタイルシート(style.css)と機能拡張(functions.php)ファイルを新規で追加します。それぞれのファイルの中は、以下の内容を入力します。

子テーマ内ファイルの内容

style.css

@charset "utf-8";
/*
Theme Name:≪ここはテーマの名前として表示されます、何でも良いです(上図であれば theme_child)≫
Template: ≪親テーマのフォルダ名を入れてください(上図であれば、 theme_parent)≫
*/

functions.php

<?php

add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );
function theme_enqueue_styles() {
	wp_enqueue_style( 'parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css' );
	wp_enqueue_style( 'child-style', get_stylesheet_directory_uri() . '/style.css', array('parent-style'));
}

確認

上記作業後、管理画面のテーマを開くと、子テーマとして、先ほどstyle.cssで指定した名前のテーマが追加されていますので、そのテーマを有効化します。

サイト表示しても、見た目は親テーマのままですが、これで子テーマも機能しています。子テーマのstyle.cssにスタイルを記述すれば、親テーマのスタイルに上書きされます。

これでカスタマイズの準備完了です。

詳しい解説は参考にさせていただいたコチラのサイトを

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。